デレステ編成用ツール CgssScoreSim

CgssScoreSim は、デレステの編成を組むときに、「センターとゲストを固定した状態で、なるべく高いスコアが出るように他のメンバーをいい感じに決めることはできないか」という問題に素早く答えるために開発されたツールです。デレステのシミュレーションツールはいくつか存在しますが、目的に見合うものがなかったため作成しました。

CgssScoreSim (chanmori.net)

このツールには、次の4つの機能があります。

  • 候補計算機能
  • シミュレーション機能
  • AI 編成機能
  • 手持ち画像読み込み機能

ひとつずつ説明していきたいと思います。

候補計算機能について

プロデューサーが持っているアイドルのエピソード(「カード」という呼び名がポピュラーだと思いますが、ここでは単に「エピソード」と書きます)は、それぞれ異なります。そのため「オススメの編成」があっても、それに使用されているエピソードを持っていなければ組むことはできません。もちろん、特性が似たエピソードがあればそれで代用することはできます。しかし、代用できるエピソードにいくつか候補がある、または、似たようなエピソードがない場合は、誰をユニットに入れるべきでしょうか?その計算の手助けをしてくれるのがこの機能になります。

ツールを開くと上図のようになります。画面上部の「N/A」が 5 つ並んでいるところに編成を入力していきます。エピソードを編成に組み込むには、下部の表からエピソードの画像をタップ(またはクリック)して、参加させたいポジションの「N/A」をタップします。試しに [スマイル・アンド・トリート]島村卯月をセンターに設定します。楽曲は「お願い!シンデレラ」で難易度はDEBUTとします。

この状態で「候補」ボタンを押すと次のようになります。

表の内容が更新されました。「候補値」は、今設定されているユニットに対して「そのエピソードを参加させた場合のスコア」を表します。今、センターに[スマイル・アンド・トリート]島村卯月だけが設定されていますが、残りの各エピソードをその左のポジション(ステージから見ると、センター右隣のポジション)に参加させて、仮にその二人だけで LIVE を行うとスコアはどうなるでしょうか?

その答えをすべてのエピソードについて計算して、高い順に並べて表示するのが候補計算機能です。なお、空いているポジション「N/A」が複数存在する場合は、次の優先順位で候補を参加させるポジションを決定します。

  1. センター
  2. センターの左(ステージから見てセンターの右)
  3. センターの右
  4. 左端
  5. 右端

それでは、候補の計算について、より具体的な例を見てみましょう。

どこかでよく見かけるような、見かけないような編成です。ただし、今その一部(左端と右端)が未確定の状態です。状況としては、ゲストに[ソル・パライソ]大槻唯を出してくれている P が居て、自分自身は[風まとう光]小早川紗枝と[天に歌、地に器]藤原肇と[ありすの物語]橘ありすの 3 つのエピソードを所持しています。ここから残りの 2 人を決めるとして、誰を入れればいいでしょうか?この編成は「レゾナンス」「ビジュアル」「7秒のシンフォニー」が特長になりますので、相性の良いエピソードはそれに応じて決まってきます。表を見てもわかるように、「リフレイン」「シナジー」「7 秒コーディネイト」などが有力候補になります。さて、手持ちにこれらのエピソードがあればいいですが、ない場合は誰にすればいいでしょうか?この問題に即答できる人はそういないと思います。答えは、この状態で候補を計算して、表を下にめくっていくとわかります。そしてその答えはプロデューサーによって異なります。

候補計算機能の注意点

さて、この候補計算機能ですが、注意点があります。楽曲を選択して、ユニットに誰もいない状態から候補の計算を繰り返し、表の一番上にくるエピソードを選び続けていっても、それが全体として高いスコアを生み出す編成にはならないということです。「お願い!シンデレラ」の DEBUT に対して同じことを行ったのが次の図になります。

一見すると、この編成は悪くありません。以下がこの編成の良い点です。

  • [スマイル・アンド・トリート]島村卯月のキュートプリンセスが発動する。
  • [謹賀のお出迎え]道明寺歌鈴のキュートプリンセスが発動する。
  • [放課後★ストロングシャウト]早坂美玲のオルタネイトのデメリットを[スマイル・アンド・トリート]島村卯月のキュートフォーカスで打ち消している。
  • スコアボーナスとコンボボーナスが 6 秒と 11 秒毎にそれぞれ発動している。これについては、特技区間同士の相性について考える必要がありますが、ここでは割愛します。

では、この編成の問題とは何でしょうか?いくつかありますが、重要なのは「お願い!シンデレラ」が全タイプ曲であるということを活かしきれていない点です。実は、この候補計算では機能の性質上センターアイドルとゲストアイドルのセンター効果は発動することが前提で計算されます。より詳しく言うと、「N/A」が 1 つ以上存在し、すでにセンターにエピソードが配置されていて、そのセンター効果の発動条件が「キュートアイドルのみ編成時」であれば「N/A」はキュートでステータス値が 0 であり、特技とセンター効果を持たないエピソードとして計算されるということです。この性質は、センター効果の発動条件に応じて変化します。一般的に言えば、「N/A」は候補計算において、すでに確定しているセンター効果の発動条件を可能な限り満たすように変化します。ただし、センター効果にキュートプリンセスを指定後、クールアイドルを別のポジションに含めるなどして、候補の計算を行うと、「N/A」にどのようなエピソードを参加させても、キュートプリンセスは発動できなくなります。この点は考慮されます。

このような性質によって、ユニットが空の状態から候補を計算し、最も高いエピソードをセンターとして起用してしまうと、そのセンター効果に合わせる形で次々と候補が計算されることになります。つまりユニットが空の状態からこのような計算を繰り返すと、最初に選んだセンター効果に引きずられる形となり、全体としては良い結果になりづらいということです。逆に言えば、楽曲に合わせて適切なセンター効果を見定めれば、他のメンバーの特技効果も最大限に生かす形で編成を計算することができます。

シミュレーション機能

シミュレーション機能は、実際にそのユニットで LIVE を行った場合に、どれだけのスコアを取得できるかを計算します。「スコア」ボタンを押すことで使用できます。候補計算機能では、特技の発動確率はすべて 100% として扱いますが、シミュレーション機能では特技は実際の発動率に応じて発動したりしなかったりします。シミュレーション機能では、特技がすべて発動する確率と、デモプレイ相当の計算を 10 回行ったうちの最大スコアを計算します。特技がすべて発動する確率は試行によって変化しませんが、スコアは変化します。何回か押してみて、スコアの振れ幅と全て発動する確率と自分のプレイスタイル(プレイする楽曲のフルコンボ難度)で、その編成がどれだけ現実的に妥当かを判断するといいでしょう。例えば、10 回中の最大スコアの振れ幅が数万点と大きくても、それが自分にとってフルコンボをすることが容易な楽曲であれば、少し繰り返してフルコンボをとれば、それなりに高いスコアを得ることができるかもしれませんし、逆に苦手な曲でフルコンボが安定してとれなければ、最大スコアを犠牲にして、全発動する確率に重きをおく安定性重視の(状況をより限定して言えば、中確率のエピソード数を減らす)プレイでスコアを高める、といった選択をすることができます。

AI 編成機能

AI 編成機能は、候補計算機能とシミュレーション機能を組み合わせた発展的な機能です。二つの機能について長々と説明しました。詰まる所、デレステには様々な楽しみ方がありますが、「スコアアタック」という一点だけで見ますと、センター効果さえ決めてしまえば、手持ちの中からほぼ自動的にいい感じの編成は計算することができます。コンセントレーションが苦手であれば、候補からスキップすればいいですし、中確率を何枚まで含めるかといったことも、機械的に制限をかけることができます。AI 編成機能は、ポテンシャルを含めたこれらのパラメータを入力すれば手持ちに合わせてスコアが「いい感じ」になる編成を自動的に割り出してくれます。この機能については、手持ち画像読み込み機能と併せてみていきたいと思います。

※AI 編成でも最適な編成を計算できるわけではありません。

使用例

この記事を書いた時点での筆者の手持ちの一部は次のようになっています。CgssScoreSim では、実機の画像を読み込んで、どのエピソードを所持しているかを自動的に判別することができます。なお、この読み込み機能を使用する場合は、なるべく MV モードのユニットの編成画面(MV オリジナル)で絞り込みを行って撮影した画像を用いることを推奨します。

画像は「ミツボシ☆☆★」の MV オリジナルの編成画面から撮影しました。そのため[ポジティブパッション]本田未央だけが暗転しています。この部分は自動で読み込むことができない可能性が高いです。その場合は、手動で所持状態を変更する(方法は後述)必要があります。それでは実際に読み込んでみます。画面中部にある歯車のマークをしたボタンを押すと次のような画面が表示されます。「画像を選択」というボタンを押すと、ファイル選択画面になります。

読み込めました。すべて載せられませんが、この例では画像に映っていた 32 人全員を認識することができでいます。ユニット選択状態のため暗くなっていた[ポジティブパッション]本田未央も問題なく読み込めています。

それでは、この 32 人から「お願い!シンデレラ」の DEBUT で高いスコアを出すための編成を自動で計算してみます。全タイプ曲ですから、この中からセンター効果を選ぶならトリコロール・ステップかパッションプリンセスが妥当かと思いますが、ここではトリコロールを採用します。さて、キュートアイドルが 1 人もいません。そこでゲストには、[自称・スウィートヒロイン]輿水幸子を起用(テキストで検索すると、所持状態に関係なくエピソードを検索できます)します。センターアイドルは[ワンダーエンターテイナー]本田未央です。

AI 編成を押すとこのような画面が表示されます。コンセントレーションを除外したり、中確率を含める枚数を指定できたりします。実行すると次のようになります。

以上が、AI 編成機能の紹介です。なお、この状態ではすべてのポテンシャルが 0 であるため、高確率であっても特技は 100% 発動しないため、特技がすべて発動する確率は限りなく 0 に近い値になっています。実は、この状態ではパッションプリンセスのほうがスコアは高くなります。

ポテンシャルの編集

エピソードの画像をダブルタップ(ダブルクリック)すると、エピソードの詳細画面が表示されます。

スターランク、プロデュース Pt、各種ポテンシャルを設定することができます。設定した所持状態とポテンシャルは端末に保存することができます。

所持状態とポテンシャルの保存

画像読み込み機能を使用したときの歯車マークのボタンを押すと、下部に「セーブ」と「ロード」ボタンがあります。セーブボタンを押すと所持状態とポテンシャルを保存することができます。ロードボタンを押すと、現在の保存状態を表すコードと、コードから保存状態を復元することができます。別の端末で利用したい場合はコードをコピーし、コピー先の端末でそのコードから復元を行うことで同じデータを利用できます。ただし、端末ごとに別々のデータとなります。また、コードを他人と共有することもできます。その場合復元した後にセーブしないように注意してください。

※それほど使用頻度は高くないツールだと思いますので、編成を保存したりすることはできません。ご了承ください。

他にも細かい機能はありますが、概要はこんなところでしょうか。だいぶ長くなってしまいましたが、たまにはスコアアタックで遊んでみるのもデレステの楽しみ方のひとつだと思います。それでは~